お腹の脂肪を落とす方法

お腹の脂肪を落とす方法

お腹の脂肪の綺麗な落とし方

お腹の脂肪というのは落とすのが簡単なようでなかなか難しい部位です。

胸など落ちてほしくない部分の脂肪がなくなってしまったり、
下っ腹だけ脂肪が落ちずに痩せてもプロポーションが悪くなったり。

できるだけお腹まわりは綺麗に脂肪を落としたいですね。

少し時間はかかりますが、簡単かつ確実に綺麗にお腹の脂肪を落とす方法があります。

それは「お腹を意識して引っ込め続けること」です。
このお腹を引っ込める行為が習慣化されると、お腹周りに適度な筋肉がつき
お腹の脂肪がすっきり綺麗に落ちます。
くびれも綺麗にできるのでおすすめです。

意外と意識してお腹を引っ込め続けることは難しいものです。
呼吸を普段腹式呼吸にしている方は、胸式呼吸にまずなおしましょう。
胸式呼吸の方がずっとお腹を引っ込めていられるので習慣化しやすくなります。

習慣化するには根気と忍耐力が必要です。
人が行動を習慣化させるには約21日間を要すると言われています。
意識して行ってきたものを習慣化し、さらに続けて無意識化すれば
もうお腹に脂肪がつくようなことはなくなります。

なので最初が肝心だと思って辛くても毎日続けてみましょう。

また、問題となるのは寝ている時間です。
寝ている時間だけはどうしてもコントロールが効きません。
その時間にお腹を引っ込めていられれば短期間でもお腹の脂肪が落ちるので
もしやる気があるなら自律神経訓練法を行ってみるといいでしょう。

自律神経訓練法は心身のリラクゼーションに用いられる手法ですが
慣れてくると血液や筋肉、神経系を自分で意識してコンロトールできるように
なってきます。

すると不思議と寝ている間でもお腹を引っ込めていられるようにと
自分でコントロールができるようになります。

過度な運動をしなくても毎日の習慣化でお腹の脂肪は綺麗に落ちます。
代わりに習慣化する間は24時間意識していないといけないので
多少精神面でのストレスは出てくるかもしれません。

習慣化させる忍耐力と根気がある方にはぴったりではあると思うので
興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

楽をしてお腹痩せした人はお腹痩せダイエットが簡単に出来るグッズ3選をご覧ください。

お腹の脂肪を落とすために心がけること

ダイエットの目標に「お腹の脂肪を落とす」ということを掲げる人は非常に多いのではないでしょうか。私も30代になってからは自然とお腹がポッコリと出てきてしまい「この脂肪を落とさなければいけないんだよな」と日々感じてダイエットをしています。

ただ、30代を過ぎた後の中年太りによる脂肪はそうそう簡単に落ちてくれるものではありません。若いころならばたとえちょっとくらい太っても運動すればすぐに引き締まった体に戻ったのですが、どうやら体型が変化してなかなかそう上手くはいかなくなってきています。

では、どうやったら効果的にお腹の脂肪を落とせるのでしょうか。私の場合、体の内側から改善していくのがベストだと考えています。どういうことかというと、脂肪を燃焼させるような食品を積極的に食べるということです。

脂肪を燃焼させるような食品には、果物ならばグレープフルーツ、野菜ならばブロッコリー、魚介類ならばイワシやサケなどが挙げられ、これらを定期的に摂取することでなるべくお腹の脂肪を燃焼させ、徐々に落とすよう努力しています。

ただ、食べていれば痩せるというほど甘いものではなく、もちろんそれと同時に運動をしなければなりません。そこで、私は毎日欠かさず腹筋トレーニングをしています。お腹の脂肪を落とすためにはお腹に負荷をかけた運動が1番でしょうから、この方法を私は実践しています。

そのお陰で、私はかなりお腹の脂肪を落とすことに成功しました。ちょっと前まではいわゆるぽっこりお腹だったのですが、そんなポッコリお腹を引き締まった筋肉に変えることができたのです。

それはとても嬉しいことですが油断をすれば元に戻るのは明白なので、これからも続けていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る